俳優もスタッフも、だれかれの区別なくみんなが平等に一本のクギであった。

「一本のクギ」の精神

俳優もスタッフも、だれかれの区別なくみんなが平等に一本のクギであった。監督の命に従って、空にえがく楼閣は、一本一本のクギにささえられ、作品として完成する。
-高峰秀子『わたしの渡世日記』-

活動内容

「一本のクギを讃える会」は、高峰秀子が持ち続けた「一本のクギ」の精神に則り、映画界において「裏方さん」として貢献した方を一年にお一方、顕彰しています。